ーAyurveda(アーユルヴェーダ)を知るー

                    アーユルヴェーダの神・ダンヴァンタリ

何千年も前からインドで伝わる伝承医療

アーユルヴェーダ

 

古代インドの言語・サンスクリット語の

アーユス=Ayus(生命・寿命)、ヴェーダ=Veda(科学・知識)からきており、

Ayurveda生命の化学・知恵」を意味します。

 

 

Ayurveda 

健康な身体と心を維持し・人生を豊かにするための哲学であり、生活の知恵

 

 

アーユルヴェーダには

人間の生命・健康・身体・精神などに関する知識を得て、

自分の人生にとって有益なこと・または有害なこと・心地よいこと・心地よくないこと・・・

それらを知ることで肉体的にも精神的にも健康で幸せな状態が維持できるという考えのもと伝承された

人生を豊かに生きる「知恵」と「知識」が沢山詰まっています。

 

 

 

 

 

インド伝承医学 チャラカ本集・総論編(翻訳版)

 

アーユルヴェーダ最古の古典医学書チャラカ・サンヒターには、

具体的な病気の治療や施術法だけでなく、

薬草療法、食事療法、老化防止法、呼吸法、健康に過ごすための生活習慣、

マッサージ学、養生法、身体にとって有益な物事・不益な物事・・・等々、

膨大な教えが記されています。

 

2000年以上前から受け継がれている古典医学書ですが、そこに記されているものはどれも

現代を生きる私たちにも取り入れられるものばかりです。

病気にならない身体をつくる

アーユルヴェーダは、現代医学のように病気の疾患や症状を取り除く治療を行うものではありません。

 

より健康な体、心を保つこと・長寿や若さを保つことを目的とした予防医学です。

食事法、健康法、養生法、ヨガなどの呼吸法・運動法、オイルトリートメントなど...

 

生後間もない赤ちゃんからお年寄りまで、

どんな方でも毎日簡単に取り入れられる知恵がアーユルヴェーダには沢山あります。

 

 

 

 トリ・ドーシャ 

アーユルヴェーダには、
Loka Purusha Samya Siddhanta」

 

人間(Loka)と宇宙(Purusha)は似ている(Samya)と言う概念(Siddhanta)があり、

 

 

人間も・宇宙も・自然も、万物の仕組みは全て空・風・火水・地構成されているものと考えられています。

 

 

これらの5大元素を組み合わせたものが、アーユルヴェーダでよく耳にするドーシャです

 

 

 Vata ・ 空+風の性質 (ヴァータ)

 

 

 Pitta ・火(+水)の性質 (ピッタ)

 

 

 Kapha ・水+地 の性質 (カファ)

 

 

これら3つのドーシャは私たちの心と体の基本的な性質や体質を表します。

 

アーユルヴェーダでは、私たちは生まれつき

「Vata」「Pitta」「Kapha」から成るドーシャを持っていると言われています。

 

どれか1つのドーシャだけではなく、

バランスは違えど、ひとりひとりがそれぞれ3つのドーシャを持ち合わせています。

 

その中でも抜きんでて強いドーシャがあなたの今の体質や性質となります。

 

ドーシャは、年齢・生活習慣・環境・食事・季節など…

日常生活を送る上であらゆることに影響を受けています。

 

Vata・Pitta・Kaphaの3つのドーシャのバランスを見て、

いまの自分がどの傾向が強いのか把握して、心と身体の健康を維持していくことが大切です。

 

アーユルヴェーダで言う『健康な心と身体』とは、

3つのドーシャバランスが取れている状態を言います。

 

ドーシャのバランスが正常な状態であれば 健康的な心と身体を維持できるエネルギーとして働き、

ドーシャが異常に増大したり不均等だと心や身体のバランスが崩れたり、

病気・体調不良を引き起こす根本的な原因になると捉えられています。

 


 自分のドーシャを理解することによって自分の体に足りない物事を補い、バランスを整える。

 

 

インドのアーユルヴェーダクリニックでは ドクターの細かな問診から始まり、

視診・触診・脈診・舌診・血圧測定などをし、ひとりひとりに合わせた治療や施術・トリートメントを行い、

正常なドーシャバランスに整えるために必要な食事法・養生法・運動法・緩和療法などの生活指導があります。

 

患者様の症状によって、自然由来のお薬の処方もしたり、足りない物を補うだけではなく、

増えすぎた不要なものをデトックスするための浄化療法も根本治療のひとつとして行われています。

 

 

インドの一般家庭でも、

 

セサミオイルを使ったマッサージやうがい・鼻うがいをしたり、オイルを足裏に塗ったり、食事にギーを取り入れることでドーシャバランスを整えたり、体を温めるためのスパイスを飲み物に入れたり・・・

 

日常的に取り入れられるアーユルヴェーダの知恵が親から子へと自然に受け継がれています。

 自分自身が自分の体と心のドクターとなり、自身の性質・体質に合った生活を送り続けること・・・

 

これが アーユルヴェーダ最大の目的

より良い人生のために、心も体も幸せであり続けることに繋がっていきます。

 

 

 

 

アーユルヴェーダトリートメントで行う体質チェック・診断なども

ひとりひとりのドーシャの体質・性質を知り、

その時々のコンディションに合ったトリートメントを行う上で

とても大切なものとなっています。